ウォーターサーバーの人気ランキング!

自分にあったウォーターサーバーの選び方って?

原発問題から放射性物質の影響を考え始める方が増えてきています。そのことから水にも関心が集まり、ウォーターサーバーの利用を視野に入れ始めている方が多くなっています。
ウォーターサーバーを利用するにも、業者は多く存在するため、どのような基準で選べばいいのか難しいことがあります。それで悩まれている方も多いのではないでしょうか。
最も重要視したいのは、安全性と衛生面と言えます。使用している水をどのような工程で宅配しているのか、そこまでの流れが大切でしょう。使用後のボトルの処理は、業者によって異なり、水の中に不純物を含まない設計や空気が入ってしまうという衛生面に欠けた業者もあり、そのボトル方式から処理は異なるのです。
また、お子さんが居たり、家族構成を考慮するのも、選び方のひとつです。たとえば、ミネラルを含むミネラルウォーターは大人に良いですが、ピュアウォーターというミネラルを含まないものが赤ちゃんには良いとされています。このように用途によっても、サーバー選びには違いが出てきます。
料金や配送エリア、サービス内容、条件事項はすべて業者によって異なるため、細かいところまでよくチェックし、比較して良いサーバー業者を選びたいものです。
業者によっては契約期間を設け、解約手数料がかかるなどの条件もあるため、必ず料金面については詳しくチェックする必要があります。
失敗しないためにも、細かい部分まで調べ、さまざまな業者と比較し、目的に応じたウォーターサーバーを選びましょう。

ウォーターサーバーを選ぶ時のポイントって?

ウォーターサーバーを使用するにあたって、選ぶ基準に迷われている方が多いのではないでしょうか。ウォーターサーバーを扱う会社は多いため、その中から使用する業者を選ぶのは大変だと思います。
口コミランキングや評価を見ても、なんとなく信用できなかったりしませんか。ランキングも多々あるため、どれが明確なのか分かりかねます。業者によって性能や提供している水が違うように思えますが、かぶっている業者も少なからずあります。その点から考えて、選ぶポイントをいくつかご紹介しますので、参考にしてください。
●提供している水の種類
水の成分や硬水・軟水などの種類
●使用しているボトルの種類
ボトル自体に加工されている機能など。
また、飲み終えた後のボトルの処理方法。使い捨てタイプか、回収されリサイクルにまわすタイプなど。
●レンタル料
ウォーターサーバー本体のレンタル料。ほとんどは無料であったり、格安です。
●水の料金
ボトルは容量が異なるため、すべてを1リットルに換算して考えてみましょう。
●送料・メンテナンスなど、別途でかかる費用
まず宅配料金が無料の場合と有料になる場合があります。
次にメンテナンス料がサービスなのか、料金が別途必要なのか。
また、定期メンテナンスの料金を契約条件に含めていることがあります。
●条件事項

購入本数によって送料が異なる場合もあるので、それらの条件を事前に確認しておきましょう。

 

野菜の宅配サービスがあることはご存知ですか?
⇒ 野菜宅配まとめサイト